なんで私は断れないの?あなたを断り下手にする2つの理由

頼まれごとやお誘いを断るのが苦手で悩んでいる…という人、結構多いのではないでしょうか?好きでやっているならともかく、本当は断りたいのにうまく断れずにいろいろと引き受けてしまうタイプだと、精神的にもつらいと感じてしまうこともありますよね。

ところで『自分がなぜ断れないのか?』ということについて、しっかりと考えたことはありますか?断れないタイプから抜け出すためには、まず自分が断れない本当の理由を知ることが必要です。ほとんどの場合、断れないという心理の奥底に隠れている理由は大きく2つに分類できると考えられます。

まず1つは、相手をがっかりさせたくないという気持ちです。優しい人、責任感の強いまじめな人はたいていこのタイプに当てはまります。頼みごとをされる、何かに誘われるというのは、つまり相手が自分に何らかの期待をしているということですよね。その期待を裏切れば相手をがっかりさせてしまうことになる…という気持ちが、断るという選択肢を奪ってしまうのです。

もう1つは、相手に嫌われたくないという気持ちです。断ることで相手に嫌われてしまうかもしれない…ということを恐れるあまりに、本当は断りたくても引き受けてしまいがちです。断ることで、相手との関係が変わってしまうことを避けたいという心理が働いていると言えるでしょう。

どちらの理由にも共通しているのは、相手にマイナスの感情を与えたくないという心理です。がっかりされたり、嫌われたりというマイナスの感情が動くことで相手からの評価が下がってしまうことへの恐れから、自分の時間や気持ちを犠牲にしてでも、断るという選択肢を排除してしまうのです。しかしこれをずっと続けていれば自分自身にストレスが溜まっていくことは避けられません。

そこで断れないタイプを脱するために、ぜひ考え方を思い切って変えてみてほしいと思います。すなわち『断ることは悪いことではない』という意識を持つのです。そもそも人付き合いにおいて、断ることをマイナスに捉えること自体、まったくナンセンスな発想です。

誰しも能力的・時間的など様々な理由でできないこと、やりたくないことというのはあります。もちろん、仕事などでどうしても必要な場合もあるでしょうし、のべつまくなしに断るのがよいことというわけではありません。しかしできないこと、無理なことを引き受けたり、いやいや誘いに付き合うのは、果たして本当に相手のためになるでしょうか?

結果として引き受けたことができなかったり、いやいや付き合っていたのが相手に知られてしまったとしたら、そちらの方がよりマイナスのイメージを与えることになるでしょう。できないこと、やりたくないことははっきりと断るのが、本当の意味で相手の気持ちを考えるということなのです。それでもどうしても断れないというのであれば、それはもはや相手のことを考えているのではなく、自己保身でしかありません。

自分が断れない理由を理解し、『断ることは悪ではない』という意識を持つことで、断ることへの恐怖感というのはかなり薄れるのではないかと思います。ぜひこの機会に、脱・断れない人を目指してみてはいかがでしょうか?