相手の意見、ちゃんと聞いてる!?『伝え上手は聞き上手』の真相

日本人はとかく自分の意見を言うのが得意ではないと言われています。特に仕事における上司など目上の立場の人に対して、異なる意見を伝えるというのは簡単なことではないでしょう。相手の顔をつぶしてしまうことや、悪印象を与えて日々の仕事に差し障ることを恐れ、つい本当は違う意見を持っているのに同調してしまう…という人も多いのではないでしょうか?

しかしひたすらイエスマンでい続けるというのは、自分自身にとって少なからずストレスになります。また、相手次第ではこうした態度を『意見交換ができない』『自分の考えを持っていない』とみなされ、かえってマイナスのイメージになってしまうこともあるかもしれません。

相手と異なる意見であってもきちんとそれを表現することは、自分のためにも、ひいては相手のためにも大切なことです。ただしその伝え方を間違えれば、恐れているような人間関係をぎくしゃくさせる結果になってしまうリスクは当然あります。そこでここでは、相手を嫌な気持ちにさせない、自分の意見を上手な伝え方について考えてみたいと思います。

まず絶対に勘違いしてはいけないことは、『自分の意見を言うこと』と『相手を否定すること』はイコールではないということです。相手の言っていることが理論的・倫理的に完全に間違ったものであるというのならともかくとして、そうでない限り互いの意見は基本的にイーブンなものであり、どちらが正しい、正しくないという観点から考えるのはよいこととは言えません。

したがって、自分の意見を伝えるという行為の前段階として、相手の意見をよく聞くというのは非常に重要なことです。そうして相手の意見を理解し、その考え・気持ちを斟酌したうえで、初めて自分の意見を相手が納得するような形で伝えるための準備ができるのです。

実際に自分の意見を伝えるときに気を付けるべきこととして、2つのポイントが挙げられます。1つは意見の核となる部分を具体的にわかりやすい言葉で伝えることです。冗長で抽象的な発言、あるいは、難しい専門用語の乱用は、相手の聞こうとする気持ちをなえさせることにもなりかねません。重要なこと、これだけは伝えたいということに的を絞って、必要最低限の言葉でまとめることで、あなたの意見、そして思いが伝わりやすくなります。

もう1つは謙虚さです。上でも述べたとおり、自分の意見を伝えるうえで相手を全否定することはNGですし、得策ではありません。相手の意見に関連付けられる部分はうまく取り入れ、相手があなたの意見を受け入れやすい下地を作りましょう。また、『自分が正しい』という上から目線の尊大さは相手をかたくなにさせます。あくまでも『1つの提案として』『こんな考え方もできますが…』という謙虚さを態度だけでも表すのが成功の秘訣です。

自分の意見を伝えるのが上手な人というのは、裏を返せば相手の意見を聞くことが上手な人ともいえるのです。仕事の場面ではもちろんのこと、友人や恋人との関係においても、伝え上手さんのテクニックは必ず役に立つはずです。

テクニックが紹介しているマニュアルなど購入したいけど、お金がない!という方はキャッシング会社を推奨します。

キャッシングを利用するのであれば、やはり審査を避けて通ることはできない。とはいえ審査の緩いところはあるのです。前述の例でいえば、消費者金融系は銀行系よりも審査が緩い会社が多いようですし、銀行系でもその銀行口座を活用しているのであれば審査が通りやすくなります。
引用元:キャッシングの審査について

審査が通るかどうか心配な方はこれで安心ですよね!