もう人間関係で悩まない!断り上手さんの法則徹底解明!

断ること・意見を伝えることが苦手なのはあなただけじゃない

仕事においてもプライベートにおいても、人間関係というのはたいていの人にとって避けて通れるものではありません。だからこそ、どんな場面でもできる限り人間関係を円滑に保つというのは、私たちが充実した、社会性のある生活を送っていくうえで非常に大切なことです。

とはいえ、それが決して簡単なことではないということを感じている人は少なくないのではないでしょうか?うまく相手の心情や立場を慮ることができずに、嫌な思いをさせてしまったり、逆に相手がどう感じるかを気にしすぎるあまりに、自分の気持ちや考えを押し殺す結果になってしまったり…。なかなかうまくいかないと悩むこともあるでしょう。

できることなら、誰にも嫌われることなく、しかも自分自身も不必要なストレスを感じることなく人間関係を築きたいものです。そこで重要になってくるのが、断り方・自分の意見の伝え方です。

相手の申し出を断ったり、相手とは異なる自分の意見を伝えたり…という行為は、どうしてもマイナスのイメージに捉えられやすいもの。でもだからと言って、頼まれごとやお誘いをなんでもかんでも引き受けていたら身が持たないのは明白ですし、常に相手の意見に合わせ続けるというのは自分自身の精神的なストレスになりかねません。また、そうしてすべての行動・言動を相手次第としてしまうことは、結局のところ周囲にあまり良い印象を与えるとも言えないでしょう。

上手な断り方や相手に嫌われずに自分の意見を伝える方法を知ることは、相手にも自分にもストレスのかからないコミュニケーション、そして人間関係を円滑に保つためには必要不可欠なのです。周囲を注意深く見渡してみると、断り上手・伝え上手な人の行動・言動にはいくつかの法則が隠れていることがわかります。そんな断り上手・伝え上手さんの法則を、このブログでは徹底解明していきます。

断り上手・伝え上手さんの法則とは?

上手に断れる人、自分の意見を嫌みなく伝えられる人に共通して言えることがあります。それは『相手の立場や心情を考えたうえで、行動・言動をとっている』ということです。簡単そうに聞こえますが、これを実践するのは案外難しいものです。

こうしたシチュエーションにおいて、人はつい自分の気持ちを優先してしまいがちです。『自分の気持ちを優先』と言うと、断りたい、あるいは自分の意見を通したいという気持ちが先立って、相手を傷つけてしまうパターンを思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし実は、本当は引き受けたくない誘いを受けてしまったり、相手の意見になぁなぁで合わせてしまったりという、一見相手を尊重した行動に見えるケースも、決して本当の意味で相手の気持ち・立場を思ってのこととは言えません。こうした行動の底には、相手に嫌われたくない、面倒事は避けたいという自己保身の気持ちが隠れていることがほとんどなのです。

真の断り上手・伝え上手さんは、できないことにはキッパリとNOと言い、自分の意見を堂々と周囲に発信しながらも、基本的に人から嫌われ、衝突することはありません。それはその人の言動・行動が相手への尊敬や思いやりに裏付けられているからなのです。

文章だけでも油断禁物!断り上手さんのメールテクニック

断り上手さんは、冒頭で誘いへの感謝を伝え、断るときははっきり、理由も添えて、最後に相手に応じたフォローを入れるというメールテクニックを実践し、人間関係によるストレスを軽くしています。

0

次につなげる!仕事がデキる人のお断りメール虎の巻

仕事における断りのメールで重要なのは断る理由が自社・自分本位ではなく相手に配慮しているものだと伝わるようにすること、断りの文面の前後にフォローをいれて次につながるお断りメールにすることです。

0

あなたは本当に断り上手?『断る』と『拒絶』の違いを知ろう

自分では断り上手だと思っていても、『断る』と『拒絶』を混同してしまっていることがあるので、否定形を避ける、断るだけでなくフォローを入れる、正直すぎる理由を伝えないなどといった相手への配慮ができる本当の断り上手になりましょう。

0

信頼を失っちゃうかも!?断れない人が陥りやすい失敗とは?

断れないタイプの人が陥りやすい失敗として、精神的にストレスをため込みすぎてしまったり、キャパオーバーしてしまうことがあるので、自分のためにも、相手のためにも、上手な断り方を知り断れるようになりましょう。

0
1 / 512345